ジャコブステーパーとモールステーパー(タング式・ネジ式)のより詳細な寸法は、PDFファイルをご覧下さい。

ジャコブステーパー

ジャコブステーパ図面

JT番号
D
Taper on diameter
片側角度θ
0
6.350
5.802
11.112
1:20.288=0.04929
1°24′7506
D
8.000
6.883
14.000
0.07979
2°17′0696
1
9.754
8.469
16.669
1:12.972=0.07709
2°12′4410
2short
13.940
12.386
19.050
1:12.262=0.08155
2°20′1390
2
14.199 12.386 22.225 1:12.262=0.08155 2°20′1390
33
15.850
14.237
25.400
1:15.748=0.06350
1°49′1184
6(2½)
17.170
15.852
25.400
1:19.264=0.05191
1°29′1714
3
20.599
18.951
30.956
1:18.779=0.05325
1°31′4856
4
28.550
26.346
42.069
1:19.084=0.05240
1°30′0312
5
35.890
33.422
47.625
1:19.305=0.05183
1°29′0544

ISO239ドリルチャックテーパのジャコブステーパタイプmm表示による。
Dは、現在ジャコブステーパシステムから除かれております。
片側角度は、参考記載ですので、度、分までしか換算しておりません。
1と2Sの中間にMというJT規格もございます。ただし、特定用途・特定メーカー向けのため、ほとんど使われません。

ご注意
寸法表は参考記載ですので、実際のテーパーの当りはゲージまたは現物合わせにより行って下さい。
当り出しには、新明丹をおすすめします

特注にて研削加工も致しますので、ご相談下さい

参考 : テーパには、このほかにいくつかあります。

モールステーパ(Morse Taper)

旋盤・フライス盤・ボール盤のスピンドルやテーパーシャンクドリルのテーパ等に幅広く使用され、No.0~7まで、8種類あります。記号はMTを付して表します。
アメリカのモールスツイストドリル社がドリルのシャンクとして開発したそうで、あらゆるテーパの中で、これだけ幅広く使用されていることを鑑みると、非常に優れた発明と言えましょう。
取付方法により、形状は、タング式・引きネジ式の2種類があります。
テーパーは一定しておりませんが、およそ1/20です。
また、ほとんど使われていませんが、下表のような、ドリルチャック用のショートサイズ・モールステーパ規格もあります。

テーパ番号
D
テーパ
モールス番号
テーパ比
B10
10.094
9.4
14.5
1
0.04988
B12
12.065
11.1
18.5
B16
15.733
14.5
24.0
2
0.04995
B18
17.780
16.2
32.0
B22
21.793
19.8
40.5
3
0.05020
B24
23.825
21.3
50.5

 

ボルトグリップテーパ

マシニングセンタなどで使用され、 7/24のテーパです。
記号は BTを付して表します。

アメリカンスタンダードテーパ(ナショナルスタンダードテーパ NST)

フライス盤主軸穴などで使用され、 7/24(16°35.6´)のテーパです。
記号はNTを付して表します。

ブラウンシャープテーパ

フライス盤などに使用され、テーパーは1/24です。
記号はB&Sを付して表します。

ジャーノーテーパ(Jarno Taper)

非常に古い旋盤主軸に使用されていたことがあるようです。単位はインチになります。
現在では使用されていないものと思われます。
ジャーノテーパの場合、各部分の寸法がテーパ番号と単純な関係になっています。

ジャーノテーパ寸法表

GLOBEについて

ツーリング及び周辺機器のメーカーとして90年以上の歴史があり、 標準品から特注品まで幅広く対応させて頂いております。 お客様に「選ばれる製品作り」を心掛け、 常に高い精度、機能、デザインにこだわっております。 自社開発によるオリジナル商品を数多く製作し、 独創的な発想でユーザー様の期待にお応えいたします。 お問い合わせはこちら