標準ドリルチャック(ハンドル式チャック)の振れ精度

現在、JIS規格(JIS B4634)には、GLOBE製品の型番では
5MG 6.5MG  13MG 16 6.5EL 10EL 13EL のものが規格されています。
JIS規格とGLOBEの社内規格の相違点をご紹介します。

●振れ精度

種類 JIS規格の振れ精度 GLOBEハンドル式ドリルチャックの振れ精度
精密A級 精密AA級
工作機械用(MG)
0.08mm以下
0.08mm以下
0.04mm以下
携帯電気ドリル用(EL)
0.20mm以下

☆GLOBE製品では、ELでもMGと同様の振れ精度を誇ります。

●振れ試験に使用するテストバー種類とテストインジケータを当てる部分の突きだし長さ設定方法

GLOBEの突きだし長さ設定方法は以下の図のようにツメ先端部から測定し、設定します。
ドリルチャック テストバー突出寸法
☆JIS規格では、本体先端(端面)からの長さ(L寸法)ということになっています。

チャックサイズ
(緑のもののみJIS規格品種)
テストバー小
テストバー中
テストバー大
3mm
φ2×20
φ2.5×25
4mm D4
φ2.5×25
φ3×25
φ3.5×45
5mm D5※
φ2.5×25
φ3.5×45
φ4.5×60
6.5mm
φ3×45
φ4.5×60
φ6×70
J8mm
φ3.5×45
φ5×60
φ6.5×70
10mm
φ4.5×60
φ6.5×70
φ9×85
13mm
φ6.5×70
φ9×85
φ12×110
14mm
φ6.5×70
φ9×95
φ13×110
16mm
φ8×80
φ12×110
φ15×120
19mm
φ10×90
φ16×110
φ18×120
22mm

φ12×105

φ17×110
φ21×120
25mm
φ13×95
φ19×110
φ24×130

単位:mm

☆JIS規格では、緑のテストバー1本のみの測定で良いことになっていますが、GLOBE製品は、A級はテストバー大と中の2本、AA級はテストバー大・中・小の3本で検査しております。すべて、このように、多くのテストバーによる振れ試験を行っております。特に細いものでも試験している点は見逃せません。
※D5はJIS規格には規格されていません。

キーレスドリルチャックの振れ精度

下表のテストバーをチャッキングして回転した時の先端の振れを測定致しております。

テストバー寸法表

チャックサイズ
テストバー小
テストバー中
テストバー大
KL3
φ2.0×20
φ2.5×25
KL6.5
φ3×40
φ4.5×60
φ6×70
KL10
φ4.5×60
φ6.5×70
φ9×85
KL13
φ4.5×70
φ9×85
φ12×110

単位:mm
一本のテストバーに対して3回以上の繰り返しテストを行っています。
A級はテストバー大と中の2本、AA級はテストバー大・中・小の3本で検査しております。

GLOBEについて

ツーリング及び周辺機器のメーカーとして90年以上の歴史があり、 標準品から特注品まで幅広く対応させて頂いております。 お客様に「選ばれる製品作り」を心掛け、 常に高い精度、機能、デザインにこだわっております。 自社開発によるオリジナル商品を数多く製作し、 独創的な発想でユーザー様の期待にお応えいたします。 お問い合わせはこちら